バルーン返済とは

バルーン返済とは、「テールヘビー」とも呼ばれていて、想定期間に基づいて計算をした、元利均等返済金額、または、元金均等返済金額を支払って、最終的に残元金を一括で支払うという返済方式のことを言います。

例えば、月々の元利均等返済額が計算上で25年の240回で算出した場合、その金額で償還予定表を展開するのですが、借入期限については、5年の60回で区切る場合となります。
その為に5年後の期限は240回で計算をした、償還テーブルの残元金が残る仕組みになっています。

このように、最終回に残元金を支払うために、支払い金額が最期に大きく膨らむ形というのが、「バルーン(風船)」に似ていることかr、バルーン返済を呼ばれています。

バルーン返済の利点は、不動産投資で一定の期間の後に売却をするために返済資金が準備できているのだが、それまでの間に少しずつでも、元金を減らしておこうと考える場合などに向いている返済方法です。
また、一定期間の後に、更新することを前提にバルーン返済を利用する場合もあるようです。

注意点は、更新型ではない場合には、借入期限までに元金返済の原資をしっかりと準備する必要がありますよ。基本的には中長期で分割返済がしたい、不動産担保ローン、不動産投資ローン、ビジネスローンなどで有効となっています。

更新型の場合には、期限到来時に更新契約を結ぶ必要があるので、更新後の契約内容をしっかりと確認しておく必要がありますよ。

当初の期間の間に返済が遅延した場合や担保評価額に変動があった場合には、どのような形で更新されるのかをしっかりと確認する必要があります。

私はこのようなことを踏まえた上で主婦でも借入のできる金融機関でお金を借りたことがあります。

参照:http://xn—-dr6an4djxbh4x.com/

 

 

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト